忘れたくても忘れられない日

 

街がなくなった光景をみて、6年がたつんですね・・。

月日の流れは速いものです。

私を育ててくれた町・釜石

 

漁港にある防波堤を飛びこえた津波の映像が忘れられません。

 

あの津波で亡くなった同級生

 

 

母と手をつなぎ、津波に飲まれ手が離れた瞬間に聞こえてきた

「助けて~!」という母の声を最後に奇跡的に助かった親友

 

それでも、街は動き出している

 

人は挫折をして途方に暮れることもある

ただ、歩みを止めないかぎり、人が救いの手を差し伸べてくれる

いつの時代でもこの繰り返しで

人は成長しているんでしょう・・。

 

小さいことからコツコツと・・。

今日も前進します。

 

今あることに感謝<m(__)m>

 

合掌


コメントをお待ちしております。